GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

HSX Breakout ラボ(開発時)でのECU診断に最適なインターフェイス

ECU診断インターフェイス HSX Breakout

すべての個別事例に適用する車両通信インターフェイス

HSXインターフェイス は、32ビット高性能CPUとのインターフェイス上でのプロトコル処理により、車両全体の診断およびフラッシュアプリケーションを行う マルチリンク通信に最適です。最大2つの追加ボードを使用し、マルチバス車両 通信インターフェイスHSX Breakoutは、PCシステム上で利用可能な通信チャネル数をそれぞれのアプリケーショ ンに素早く最適化させます。統合された実験室用ソケットを使用すると、車両通信インターフェイスは開発および テストへの総括的使用に最適です。

HSX-Sは、HSXデバイスの中で小型で堅牢なバージョンです。VCIには2つの CANインターフェイスとK-LineおよびL-Lineがあり、車両側接続用にOBD コネクタ付きのケーブルが提供されます。アプリケーション側PCとは、USBまたはEthernetト経由を選択 して通信できます。

標準化された効率的なプロ グラミングインターフェイス

HSインターフェイスはソフトウェアのアップデートによって更新することができ、アプリケーションのためにも準備されています。標準化されたプログラミングインターフェイスD-PDU APIを基に、Softing 診断ツールセットはMCD-3D規格(ISO 22900-3)およびODX(Open Diagnostic Data Exchange)技術に沿った完全なソリューションを実現し、カスタマイズされたソフトウェアソリューショ ンも実現できます。

適用領域

  • 開発、生産およびサービスにおける診断使用事例
  • テストと検証
  • 高速で信頼性の高いフラッシュ プログラミング
  • 機能ECUと通信テスト
  • 生産工程、開発、フリートテスト中のデータロギング
  • DoIP(Diagnostics over IP)ペースの診断ソリューション

詳細なテクニカルデータはSoftingのWebをご参照ください。

TOP