GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

VIN|ING 600 Diag on IPに対応するコンパクトなVechicle インターフェイス、無線LANでホストと接続

ECU診断インターフェイス VIN|ING 600

VIN|INGシリーズはSoftingの新しいVCIとして、様々な診断プロトコルとバスに対応しており同社のD-PDUAPIをサポートしています。
最新のトレンドに合った製品として、必要なタスクに合わせたハードウェア設計を簡単に実装することができます。

DoIP対応 WLAN-Ethernetゲートウェイ

VIN|ING 600 はDoIPに対応したモバイル使用に適したコンパクトなVCIです。診断テスタ(DTS8など)と車両間の通信をイーサネットアクセスで簡単に実現します。

Universal and Flexible

このインターフェイスは WLAN-Ethernetブリッジとして、車両のイーサネットインターフェイス(無線LAN)として動作します。標準規格D-PDU API(ISO 22900-2)経由で、診断アプリケーションはUDS on IP(ISO14229)または DoIP(ISO 13400)で車両と通信します。 同社の診断ツールDTS8(ノートブックやタブレット)またはdiagnostic app(スマートフォン)のインターフェイスとして使用できます。

この製品ではDoIP に必要なアクティベーションラインを柔軟に設計可能であり、ソフトウェアで制御することができます。よって、ゲートウェイECUのさまざまな実装を考慮し関連する状況でのイーサネット通信を保証します。

Easy to use

VIN|ING 600 の使用は簡単で、スマートフォンのような標準的なWLAN機器と接続することができます。このWLANブリッジは、コネクタやケーブルの断線、破損などの問題を避けることができます

Reliable and Safe

「ECE type approval 」と関連するEMCテストにより、車両内での機器の無干渉かつ安全な動作が保証されます。グラスファイバーで強化され耐衝撃性プラスチックや高品質OBDコネクタを使用することで、機器は厳しいストレスに耐えることができます。PSKを使用したWPA2暗号化により車両データは、伝送経路上で試みられた盗聴からも安全といえます。

詳細なテクニカルデータはSoftingのWebをご参照ください。

TOP