GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

ECU設計・開発・試験部門向け 診断ソフト DTS8-MONACO ODX/OTX対応のエンジニアリング部門向け多機能診断アプリケーション

多機能診断アプリケーション DTS8-MONACO

DTS8-MONACOはDTS製品の主要ツールとしてECU診断ソフトの開発、テスト、検証に必要な全ての機能を提供する診断アプリケーションソフトです。
標準規格 ISO 2290-1のODXと ISO 13209のOTX、診断プロトコルとしてOBD、KWP2000やUDSなど標準規格を対応したツールとして診断、解析、OBD、フラッシュプログラミング、パラメータ化、シミュレーションを実現します。

*DTS8-Monacoは、ドイツのDaimler社の開発ツールとして採用されました。

特徴

  • 標準診断プロトコル KWP2000 (ISO 14230), Diag on CAN (ISO 15765), UDS (ISO14229), CARB (ISO 9141), OBD , WWHOBD (ISO 27145), SAE J1939
  • バスラインとして、K-Line/CAN/Ethernet (ISO 13400 DoIP/Tester)に対応
  • 13種類以上のGUIのテンプレートを用意、ユーザは必要なGUIを組合せて特定の診断アプリケーションに構成可能
  • OBD専用のGUIにより、簡単に全モードをチェックしログ取得も可能
  • ODX(ASAM-MCD2)の対応により、ECU開発からアフターセールスまでのプロセスチェーンで共通テスタとして使用
  • 診断専用シーケンス言語 OTXによるテストの実行が可能
  • OEM特定の暗号化処理の設定が可能 (オプション)

仕様

  • 通信パラメータの構成(テスタ・アドレス、初期化モード、タイム)
  • "Request"と"Response" パラメータへのシンボリックアクセス
  • "Byte"、"Message" シンボリックレベル上で通信を表示
  • ECUから、またはECUへのデータのアップロードとダウンロードをフラッシュプログラミング
  • CANメッセージ(Diag on CANなど)のためのフィルター機能
  • エラーフレームの送受信
  • ハードディスクへbyte, メッセージ、シンボリックレベルの通信トレースの保存
  • テストルーティンを追加し周期的な送信が可能 (Data Display)
  • OTX により複雑なテストシーケンスを簡単に構成可能 (オプション)
  • Softkeyに割り付けることで、簡単なテストルーティンを作成可能

ECU 診断・リプロ ツール

TOP