GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

Windows® / Linux用 CAN / CAN FD ソフトウェアAPI

PCAN-Basicは、 PEAK-SystemのCAN/CAN FDインターフェイスのソフトウェア開発を可能にするAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)です。PCAN-Basicは、デバイスドライバとAPI関数を提供するインターフェイスDLLで構成され、PCANインターフェイスに無償で添付されます。

PCAN-Lightの後継であるPCAN-Basicは、より多くの機能追加と、C++、C#、C++/CLR、Delphi、VB.NET、Java、Phyton 3.x などの多 くの開発言語に対応します。

主な特長

  • Windows® 10/8.1/7 (32/64ビット), Windows® CE 6.x または Linux (32/64ビット)をサポート (ISA、パラレルポート、PCカードの各インターフェイスカードは32ビット対応)
  • シングルDLL
  • 合計16個までのPCANインターフェイスのチャネルに対応
  • 1 CANチャネルで、ドライババッファは最大32,768 CANメッセージまで対応
  • リッスンオンリ(サイレントモード)をサポート
  • メッセージ受信時の通知 (Windows® Event経由)
  • CANエラーフレームのサポート
  • スレッドセーフAPI
  • PCAN-Basic バージョン4では CAN FDに対応します

関数

Connection

  • Initialize: CANハードウェアのイニシャライズ、ビットレートの設定、ドライバのログオン
  • Initialize FD: CAN FDハードウェアのイニシャライズ
  • Uninitialize: ドライバからログオフ                                Configuration
  • SetValue: ハードウェアパラメータの設定 (デバッグログ、リッスンオンリ、オートリセットなど)
  • FilterMessages: 受信メッセージの登録(フィルタ)                        Information
  • GetValue: DLLとAPI情報の読み出し
  • GetStatus: CANバスステータス情報の読み出し
  • GetErrorText: エラーコードの取得

CAN communication

  • Read: CANメッセージやステータスのリード (タイムスタンプ付き)
  • Read FD: CAN FDメッセージのリード
  • Write: CANメッセージの送信 (11/29ビット ID、RTR)
  • Write FD: CAN FDメッセージの送信
  • Reset: 送信、受信バッファのクリア

推奨ホストPC

  • Windows® 10/8.1/7 (32/64ビット),
  • Windows® CE 6.x または Linux (32/64ビット)
  • プロセッサ1.5GHz 以上
  • メモリ2GB 以上

納品内容

  • インターフェイス DLL、ヘッダーファイル

PCAN-Basic API・ダウンロード

PCAN-Basic API (Linux)・ダウンロード

PCAN-Basic-Downgrade of Visual Studio Projects・ダウンロード

TOP