GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

VIN|ING 2000 K-Line/CAN/CAN-FD/DoIP対応の高機能なVehicleインターフェイス、国内無線認証取得済み

ECU診断インターフェイス VIN|ING 2000

VIN|INGシリーズはSoftingの新しいVCIとして、様々な診断プロトコルとバスに対応しており同社のD-PDUAPIをサポートしています。
最新のトレンドに合った製品として、必要なタスクに合わせたハードウェア設計を簡単に実装することができます。

パワフル・多機能診断インターフェイス

VIN|ING 2000はこのシリーズの中でもパワフルで多機能なVCIです。コンパクトなデザインとホストシステムへのインターフェイスとしてWLAN, LAN, USBを、車両インターフェイスとしてCAN, K-Line, Ethernetを対応しています。

VIN|ING 2000は独立した2つのWiFi通信通信チャネルが装備されており、IEEE 802.11 a/b/g/h/nでは2.4および5 GHz帯域をサポートしています。生産ラインまたはアフターサービスで使用するための前提条件である WPA2/PSKやWPA2 / RADIUSなどの暗号化技術および高性能ローミング特性を対応しています。さらに、スリープ/ウェイクアップモードと診断シーケンスでの相互作用のためのさまざまなプログラム可能なファンクションキーを持っています。

VIN|ING 2000は、革新的・現代的なアプリケーションシナリオを実現することができます。高機能なハード的実装とモジュラーソフトウェアのアーキテクチャにより、MVCI診断サーバをこのVCI上に実装し処理されるODXデータを保存することも可能です。これにより、すべてのモバイルアプリケーションの範囲をテスター側からリモートアクセスし車両上で完結することができます。

VCI上ではしるOTX シーケンスにより、全体の診断タスクはホストシステムと接続することなく、独自に処理することができます。スタンドアロンでのリプロ、実際の診断、その他の制御タスクを可能にします。

MVCI D-Server on the host system / MVC D-Server on the VIN|ING 2000

仕様

  • 送受信のために確保されたメモリにオブジェクトバッファを介したCANメッセージの交換
  • 2048の送信と受信オブジェクトのスタティックモード (11bit identiiers)
  • 200の送信と受信オブジェクトのダイナミックモード(11,29bit identifiers)
  • リモートコントロールとサイクルトランスミッション (1msの最小サイクルタイム)
  • CANデータベースの最新イメージの保存
  • PCインターフェイス   :USB/LAN(100MBS)/WLAN(IEEE802.11)
  • 車両側インターフェイス: 診断コネクタ(ISO 15031-3)
  • 通信:2xCAN/CAN FD w/ high-speed bus physics、2xK-Line (ISO 9141-2) 、 Ethernet for DoIP
  • Sleep modes, Wake-up on: CAN, ignition KL15, RTC, motion sensor
  • 2つの静電センサーボタン(プログラム可能)
  • D-PDU API (Windows, Linux, Android他)

TOP