GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

ECU診断データベース ODX 編集ソフト  DTS-VENICE 診断DBの標準規格ODXのWindowsベースオーサリングソフト

診断データベース ODX 編集ソフト DTS-VENICE

昨今の車の診断機能は、非常に複雑化しており、ECUに搭載されている機能についても高い診断が要求されています。このような診断に必要とされる仕様(記述)は、優れた編集ツールさえあれば、簡単に効率よく作成、追加、編集、管理することができます。
DTS-Veniceは、OEMのプロセスチェーン全体における診断仕様の作成、テスト、管理、保守を可能にするツールです。早い段階でのエラー検出により、当初からデータ品質を保証・保持することができます。
また、ISO 22901とASAM MCD-2Dの標準規格であるODXに準拠した診断データベース編集ソフトです。

ODX(Open Diagnostic Data Exchange)とは?

ECUの診断仕様をXMLフォーマットで記述したデータベースです。データベースで定義することで人間とマシン間の通信(通訳)を実現します。
ECUの仕様の多様化、複雑化により、OEMとECUサプライヤの作業工程とコストは増え続けることになります。一貫性のデータフォーマットを使うことで、診断情報の記述の簡素化やデータ交換プロセスの最適化を実現します。

DTS-VENICEは、ODXに準拠されたtask-oriented レイヤモデル(4-layer model)に対応しています。(下図参照)
これによりユーザは、データモデルの複雑性を意識することなく、ODXファイルの作成が可能になります。上位レイヤで定義された記述は下位レイヤに継承され、再利用・拡張が可能です。

仕様

  • ASAM MCD-2D SGMLフォーマット上のデータべースの作成とメンテナンス
  • ASAM MCD-2Dの階層に合わせた編集
  • KWP2000, UDSなど各種テンプレートを用意
  • 新しいリクエストや、メーカまたはECUの独自の診断サービスのリクエストパラメータの定義が可能
  • シンボリックプロセスの値へのリスポンスデータのコンバージョンの定義が可能
  • ODX 2.0.1 (DTS7-Venice), 2.2 (DTS8-Venice) サポート
  • インポートデータ:ODX, A2L, CANdb エキスポートデータ:ODX, PDX, SOD, PDF
  • テンプレート:ISO 14229(UDS), ISO 15031(OBD), ISO 27145(WWH-OBD), ISO 15765, ISO 14230(KWP2000), SAE J1939 他
  • 新しく定義されたリスポンスのためのインタープリテーションをオフラインでチェック
  • ECUへのプロトコル・パラメータをカスタマイズ

ECU 診断・リプロ ツール

TOP