GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

ECU診断通信プロトコル/KWP2000 on CAN ISO 15765 ISO 15765準拠 ECU診断通信プロトコル Diag on CAN

多くのECUに使われているCANベースの診断通信プロトコル

K-LineでのKWP2000の診断は前世紀末にすでにCANに移行されていました。初めて、Central Diagnostic Accessを介して多数のECUの診断とフラッシュプログラミングが可能になりました。 KWP2000 on CAN(ISO 15765)は、OSI参照モデルのレイヤー3〜7を記述しているため、トランスポートプロトコルや診断サービスを含むすべての上位プロトコルレイヤを定義しています。今日、このプロトコルは信じられないほど多くの車両に実装されています。現在、UDSに徐々に置き換えられていますが、トランスポートプロトコルの大部分を共有しています

関連製品:

診断データべ―ス作成ツールDTS8-VENICE
診断アプリケーションDTS8-MONACO
DTS9-MONACO
Softing TDX
診断サーバDTS-COS
Softing SDE
診断APID-PDU API
診断VCI (インターフェイス)VINING 600
VINING 1000
VINING 2000
EDICblue
EDICusb
TOP