GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

ECU診断通信プロトコル/DoIP ISO 13400 ISO 13400準拠 EthernetベースのECU診断通信プロトコル DoIP (Diagnostice over IP)

多機能なECUとの効率的な診断通信とリプログラミングを実現するEthernetベースの診断プロトコル

DoIP(Diagnostics over IP)では、UDSを介した診断サービスがTCP / IPおよびイーサネット上で送信されます。これにより、CANをよりもはるかに高いデータレートが可能になり、複雑な診断タスクやフラッシュアプ​​リケーションの場合に、時間と費用の両方を節約できる可能性が高くなります。

イーサネットベースの通信により車両診断のコンセプトが変わってきます。例えば、VCIがなくてもテスターから直接車両にアクセスできるので、診断インターフェースをITインフラストラクチャにかなり簡単に統合できます。サービスアプリケーションの場合は、イーサネットと法的に規定されたCANバスを操作するときは、強力なVCIを使用するのが最善の方法です。

診断通信の実績と経験、ISOワークグループへの参加に基づいて、Softingは当初から規格の定義に積極的な役割を果たしてきました。SoftingはDoIP対応のパワフルなVCIを提供しています

関連製品:

診断データベース作成ツールDTS8-VENICE
診断アプリケーションDTS8-MONACO
DTS9-MONACO
Softing TDX
診断サーバDTS-COS
Softing SDE
診断APID-PUD API
診断VCI (インターフェイス)VINING 600
VINING 1000
VINING 2000
EDICbule
EDICusb

TOP