GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

診断用プログラミング・インターフェイス/D-Server 車両またはECUにシンボリックにアクセスする診断サーバのAPI

診断サーバ D-ServerはASAM MCD-3D準拠のAPI (ISO 22900-3)

D-Server API(ASAM MCD-3Dまたは診断システムAPIとも呼ばれます)は、ISO22900-3に準拠しており、車両およびECUへのシンボリックアクセスのためのプログラミングインターフェイスを記述します。

車両とECUは通常、ISO 22901-1に準拠したODXデータで記述されます。ODXデータを使用してECUへの完全なアクセスを可能にする場合、D-Server APIが使用されます。

メリット

  • シンボリックインターフェイスによる簡単な使い勝手
  • ODX処理による診断データプロセスへの完全な統合
  • データ設定(ODX)によるECUの変更を簡単に適応
  • 標準化されたMCD-3 APIを備えた既存アプリケーションの使用
  • 複数の通信チャネルを並行して使用可能

関連製品:

診断アプリケーションDTS8-MONACO
DTS9-MONACO
Softing TDX
DTS-OBD
DTS-FLASH
診断サーバDTS=COS
Softing SDE
診断APID-PDU API
SAE J2534 (Pass Thru)
診断VCI(インターフェイス)VINING 600
VINING 1000
VINING 2000
EDICblue
EDICusb
TOP