GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

PCAN-RP1210 API RP1210開発およびRP1210接続API

PCAN-RP1210 API

推奨プラクティス1210は技術とメンテナンス評議会(TMC)によってWindows ®アプリケーションと車の通信ネットワーク間の標準APIとして定義されています。

PEAK-SystemによるPCAN-RP1210 APIは、CANおよびSAE J1939ネットワークをサポートするRP1210バージョンAおよびCの実装です。このようにして、APIは、独自のRP1210アプリケーションを開発すること、およびPEAKシステムによるCANインターフェイスを有する既存のものを使用することを可能にする。

PCAN-RP1210 APIを使用すると、開発パッケージおよびPEAK CANインターフェイスへのRP1210接続のためのシングルユーザーライセンスを取得できます。PCAN-Developer RP1210エクステンションには、PCAN-RP1210 API DLLの配布ライセンスが含まれています。この拡張機能を使用すると、顧客はPCAN-Developer再配布可能パッケージを介してDLLをインストールできます。
注: PCAN-Developer RP1210拡張機能は、有効なPCAN-Developerライセンスと組み合わせてのみ使用できます。

主な仕様

  • TMCの仕様によるRP1210(バージョンAおよびC)の実装
  • 独自のRP1210アプリケーションの開発
  • スレッドセーフAPI
  • PEAK CANインターフェイスでRP1210アプリケーションを使用
  • CANおよびSAE J1939ネットワークのサポート

推奨ホストPC

  • Windows® 10/8.1/7 (32/64ビット)
  • プロセッサ1.5GHz 以上
  • メモリ2GB 以上
TOP