GAILOGIC - ガイロジック株式会社

 

PCAN-UDS API UDS規格(ISO 14229-1)実装API

PCAN-UDS API

UDS(ISO 14229-1)はUnified Diagnostic Servicesの略で、コントロールユニット(ECU)との通信を定義しています。Windows®ソフトウェアは、様々なサービスを使用してコントローラをテストします。このプロセスは、プログラムがクライアント(テスターとも呼ばれる)の立場にあるというクライアント/サーバー原則に基づいて行われます。UDSはトランスポートプロトコルとしてISO-TP規格を使用しているため、UDSは最大4095バイトのサイズのデータブロックを送信できます。保守情報の交換のほかに、たとえばファームウェアの転送が可能です。

PCAN-UDS APIは、8つの機能に基づいて標準の機能を実装しています。それらは、テスター割り当て、構成、情報、ユーティリティー、サービス、および通信に分類されます。

主な仕様

  • コントロールユニットとの通信用のUDSプロトコル(ISO 14229-1)の実装
  • Windows® 32ビットおよび64ビットのアプリケーションの開発のためのDLL
  • スレッドセーフAPI
  • PCANシリーズのCANインターフェイスを使用したCAN経由の物理通信
  • PCAN-Basicプログラミングインターフェイスを使用してコンピュータのCANハードウェアにアクセスする
  • CANバス経由で最大4095バイトのデータパッケージを転送するためにPCAN-ISO-TPプログラミングインターフェイス(ISO 15765-2)を使用

推奨ホストPC

  • Windows® 10/8.1/7 (32/64ビット)
  • プロセッサ1.5GHz 以上
  • メモリ2GB 以上
TOP